医師の転職は難しい!?複数のルートで見つけると良い病院に出会えます

医局のツテを使って探す方法

転職を考える際には、医局出身者であれば同じ医局員がいる病院を紹介してもらうことで、転職活動がスムーズに進むでしょう。系列病院ならば、慣れるまでの間に起こるシステムの違いを最小限に済ませることが出来ます。医師の世界は狭いので、人間関係が濃くなっている場合も珍しくありません。同じ病院内で気が許せる同じ医師がいることは、転職直後に感じるストレスを軽減する効果があるので、良い病院と感じやすくなるでしょう。何度も病院を移動したくない場合には、医局のツテは味方になります。

転職サイトを利用して自ら応募することも出来ます

医師を專門にした転職サイトを利用すれば、今までのしがらみを捨てて新天地で働くことも可能です。常勤と非常勤だけでなく、当直専門医の求人まで掲載されているので、専門科目を増やすために転職をする医師も珍しくありません。開業医として安定した経営を目指す医師は、専門診療科目を2つ以上持っていることが珍しくないですよね。医局による系列については、転職サイトでは分からないので対立軸として何か問題を抱えている場合には、転職サイトに加えて医局情報が必要になります。

転職エージェントを利用すれば楽になる

全国に張り巡らせれた医局網を把握した上で、医師として転職先を探す場合には、転職エージェントを利用すると良いでしょう。なぜなら、転職エージェントの中には医局員が派遣されている系列病院を常に把握しているエージェントが多くいるからです。転職を成功させなければ転職エージェントは報酬にならないので、医師本人よりも豊富な情報網を会社として持っています。あれこれ自分で調べる必要なく、働きやすい病院を探し出して紹介してもらえるので便利ですよね。

最近では勤務場所などでのトラブルやストレスから転職を考える医師が増えており、医師 転職サイトも多くなってきています。