マンスリーマンションを決める時に気を付けるべきこと

しっかりとした造りの建物かどうか

マンスリーマンションと一概に言いましても、専用の建物を使っている場合もありますし、分譲マンションの一室を管理しているだけという場合もあります。グレードもかなり異なってきますので、実際に物件を確認する際は、必ずしっかりした造りの建物かどうかを確認するようにしましょう。例えば壁の薄い建物ですと、互いの生活音が聞こえ過ぎて、精神的に支障をきたすということもあるのです。生活の拠点になる場所ですので、自分の目でしっかりと見定めましょう。

家具や家電が壊れた時の対処法を知っておく

マンスリーマンションには、家具や家電が付いていることが多いです。しかし、新品の場合もありますし、非常に古いものが備え付けられている場合もあります。新品の場合は余り起こらないトラブルなのですが、古い場合は1度使っただけなのに壊れてしまうということがあります。そんな時は、どちらが修理費用を持つのかについて、初期段階で確認しておく必要があります。たまたま壊れる時期の家電を、自費で修理するなんて嫌ですものね。

その他費用について確認する

マンスリーマンションの場合、普通の賃貸と異なり、月単位で借りられるというところに魅力があります。しかしそのため、必要以上に礼金敷金や火災保険を支払ってしまうことがあります。自分が住む期間に見合った「その他費用」なのかどうか、きっちりと確認しておくと良いでしょう。一見安く見えても、その他費用でかなり料金が嵩んでしまうこともありますので、出来るだけお得に借りるためにも、自分で相場を調べておくと良いでしょう。

マンスリーマンションとは、月単位で契約が出来る賃貸のことを指しています。普通の賃貸よりは若干割高で、家具や家電などが付いている場合が多数です。