子育て時間は長ければいいというものでもない

子供にかかりきりの母子密着

3年間の育児休暇がとれるようになり、それを目いっぱい活用する人も増えていますが、それが必ずしも幸せそうでもなく、その子供が幸せな大人になっているわけでもない例って残念ながらよく見ます。3年間めいっぱい母子のつながりを、っていう言い方もできますが、母子密着ってことでもありますよね。幸せな母子密着の例もいっぱいありますよ。でも、そんな幸せな境遇にあるはずの母親が、育児ノイローゼになっている例もあるわけです。

時間の融通のきく仕事をするという選択

育児休業中には難しいかもしれませんが、子供にかかりきりの3年間を送るよりも、時間の融通の利く仕事をしていた方が、いい結果を生むこともありそうです。育児休業中に息抜きのため、子供を預けることに罪悪感を感じるような日々だとしたら、その方が良さそうな気もします。専業主婦の子がみな幸せな大人になっているわけでもないし、子育てにかかりきりになることは、それほど必要なことでもないようなんですけどね。せめて3歳まではって言われますけど。

完全に3年休むよりは

育児休暇が3年とれる制度があっても、本当に3年とろうとすると民間企業では風当たりがきつくなるというのはよく言われることです。それなら時間に融通の利く状態にしてもらって、ある程度は勤務するという形にしたほうが、その後も仕事しやすくなるんじゃないでしょうか。あくまでも、母子密着がつらくなるようなら、の話ですが。3年間、幸せそのものなら目いっぱい育児休暇をとる甲斐もあろうというものでしょうけど。母子密着に苦しんでる例も、けっこうあるようなので。

シングルマザーの仕事は、何らかのスキルを身につけられるところにしましょう。技術や資格を手にしておくと、どこに行っても困らなくなります。